忍者ブログ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お彼岸を忘れた ヒガンバナ

今年のヒガンバナはお彼岸を忘れたらしく のんびり顔を出し
まだ咲いています

d92801c4.jpeg

太田川の土手にも咲きました

012645e9.jpeg

青い空がきれいです

dff91c9a.jpeg

お彼岸に咲くからヒガンバナのはずなのに

5e00b915.jpeg

ちょっと のろまの ヒガンバナ

301de5d4.jpeg

最後に燃えるようなヒガンバナ
PR

Comment

Rohmanさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-10-08 06:35
  • edit
<天上の赤い花>と言うのもわかります
<まず咲く> とかけたのも納得です
祖母は花を育ててはそれをもって寺参りをするのが
晩年の日課にしていた人でした
その祖母がヒガンバナはシビトバナ 屋敷うちに植えるもんじゃないときらっていました
お花のこと いつも色々教えていただいて
とても勉強になります

KOTAちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-10-08 06:29
  • edit
こちらやっと エアコンの要らない生活になりました
山歩きも時折吹く風がここちよく感じます
ハードな山歩きをして 「もう山は登らない」と
言いながら また山歩きしています

無題

彼岸花の名の通り例年ぴったりお彼岸に打ち上げ花火のような花を
咲かせますが、今年はかなり遅いようです。やはり猛暑のせいでしょうか。

マンジュシャゲの名前は「天上の赤い花」だそうです。
でも、あまり好まれる花ではないようです。
花が咲くころは葉がないのも、語呂から、「まず咲き」と梵語
を掛け合わせたという説も。
この花には実がないので稔りを願う農村の人たちには好まれません。
でも、草原一面に咲いた様子は、見事というばかりです。

無題

お彼岸を忘れた彼岸花。
そのコメントが可愛いですね。
ひーちゃんのセンスがいきているコメントです。ヽ(^。^)ノ
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[06/02 piko4438]
[06/02 piko4438]
[05/22 小夏]
[05/20 ひーちゃん]
[05/18 sumomo]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © hi-log3 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]