忍者ブログ

MENU

春の忘れもの

早春の県北で ユキワリイチゲ・ミスミソウ・セリバオウレン
桜に先をこされて 忘れていました

0a305f9f.jpeg

今年も会えました

itige4.jpg

ちょっと薄紫の ユキワリイチゲ

37f42453.jpeg

ミスミソウ に蟻さん

631bdf9b.jpeg

ちょっと小さい花

misumi5.JPG

葉っぱの三角がとんがっているからミスミソウ

2b11b16d.jpeg

白いミスミソウもあるよ

mebana.JPG

セリバオウレンには 雌花と

obana.JPG

雄花と

seriba.JPG

両性花があるよ
 
PR

Comment

無題

  • ヴイニャン
  • 2012-04-16 13:59
  • edit
こんにちは
山野草って写真の撮ってみると中々いいものですね
ただ何となく見過ごしてましたが・・
ひーちゃんのブロに惹かれて目がいくようになってる今日この頃です(笑)
少し撮ってあるのですが・・ちょっと名前知らなずぎで投稿するのを躊躇してます。ウシシ・・

すずさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 07:04
  • edit
ミスミソウ鉢植えですか?
九州は暖かいから 夏を越すことを心配しなくては
いけませんね
すずさんならきっと上手に育てられるでしょう
県北では夏も涼しい杉林の中 水はけのよい斜面に
咲いていました
そこだけは伐採されて陽の光がわずかに差し込むようでした
来年の春 楽しみにしています

pomoちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 06:58
  • edit
ミスミソウは初めてでした
毎年 同じ季節に会える花
今年こそはと願う花
季節とともに山野草を追っかけてもう
何年になるのでしょうね
よくも飽きないものだと自分でも感心しています
今年はカタクリの花に会えませんでした
5月には船通山の頂上に咲くそうです
誰か誘ってくれるかも 少し期待しています

mamarinnさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 06:53
  • edit
おはようございます
お元気ですか
春は山野草の追っかけが忙しい季節です
山野草はみんなそれぞれにかわいくて
小さな花程とりこになってしまいます
野の草を夢中になって写していると
時々 何かありますか?と不思議そうに聞いてくる人がいますよ
ただの雑草にしか見えないのでしょうね

shibataさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 06:47
  • edit
島根県境に山野草園がありますが
そこでは5月の連休あたりに
クマガイソウなどと一緒にシラネアオイも咲いていたと
思います
かわいい花ですよね
shibataさんの花めぐり楽しみにしています

アーチさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 06:43
  • edit
そう言ってもらえると とても嬉しいな(*^。^*)
最近形より色にこだわっているんです
ユキワリイチゲの色はちょっと自信作です
と言っても
それもこれも 誘って下さったアーチさんのおかげですね
ありがとうです

ぴこさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 06:40
  • edit
おはようございます
義母の体調がいいので
週末 相棒より先にひきあげてきました
すみません小さい花をズームし過ぎるのは
悪い癖だとわかっています(/_・、)
小さい花をそれなりに それらしく撮るのがいいと
最近思っているのですよ
小さなスミレを大きくズームしてしまうと
スミレの可憐さを損ないます
野の花を可憐に撮るよう心がけましょう

うさこちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 06:35
  • edit
うさこちゃんの写真 いつも見せていただいています
水に映る桜の写真とてもきれいでした
山野草の写真も楽しみにしています
私は山野草の少ない山登りはどうも苦手です
ただ黙々と登るだけでは何倍も疲れますよ

oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 06:32
  • edit
ミスミソウは雪割草の仲間です
このほかにスハマソウ・ケスハマソウなどがあります

両性花には雄しべと雌しべがありますが
雌花と雄花にはそれぞれ雌しべと雄しべの片方しかありません
植物の仕組みは不思議なことがいっぱいありますね
被子植物と裸子植物進化の過程で色々にわかれたのでしょうか

美夕のママさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 06:26
  • edit
日本で雪割草と呼ばれるものには
ミスミソウ・オオミスミソウ・スハマソウ・ケスハマソウ
などがあるようです
ミスミソウは大江高山では5月に咲くそうです
県北でも根雪が残る山の斜面では平地より開花が遅いのでしょうね

あずきさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-04-15 06:22
  • edit
セリバオウレン雌花は雌しべしかありません
そして雄花は雄しべしかありません
両性花は雄しべと雌しべがあるのです
それ以上の花の受粉の仕組みなどはよく知りません
この間被子植物の受粉の仕方を中学生の孫娘の理科2で
一緒に勉強しました

無題

  • すず
  • 2012-04-15 05:45
  • edit
小さな可愛いお花たち、忘れないで~っと
待っていてくれましたね。

私は本来は山野草を庭では植えませんが
この冬にミスミソウを友人から貰いましたが
夏を越すのが心配です。
来春が楽しみです。

無題

  • pomodoro0208
  • 2012-04-14 23:17
  • edit
わぁ~すっごく綺麗に撮れてるね。
毎年会いにいくひ-ちゃんを山野草達は
tyんと待っててくれるのですね。
ミスミソウの色ってほんと綺麗ね。
家に居ながらにしてこんなかわいい
花たちに会えるなんてひーちゃんのお蔭です。
感謝します。

無題

  • mamarinn30
  • 2012-04-14 08:25
  • edit
山野草がこんなにきれいに咲いてるところが近くにあるんですか??
私は山野草はチンプンカンプン、ヒーちゃんのところで見せていただいてます。

こんなかわいい花に出会ったら時間を忘れてしまいそうですね

セリバオウレン

  • shibata
  • URL
  • 2012-04-14 07:52
  • edit
雄花、雌花、両性花・・・どれもきれいに写されましたね。
不思議な花、美しい妖精たちです。
今年は季節感がごちゃごちゃですね~
みんな絡み合って「北国の春」を思わせます。
人が作った山野草園ではシラネアオイも咲きだしているのです。
ミスミソウは三月初めの花ですしね・・・・
花めぐりに忙しくて・・・今日の雨が、よい一休みです。

色具合がバッチリ

  • アーチ
  • URL
  • 2012-04-14 07:36
  • edit
どの花も色具合がバッチリ撮れていますね!
賢明に時間かけて、撮影する姿が想い浮かびます。

山野草

  • piko4438
  • URL
  • 2012-04-14 07:05
  • edit
おはようさん
ひーちゃんの写真があまり鮮明なので
大きさの度合いが解らず あのような
とんまな事が起こってしまったのです

まったく勉強不足でした  でもお陰さまで
いろいろ山野草解ろうと努力しております

名前と習性が解れば園芸種より面白いです
先ず季節感が良く解ります~

無題

  • うさこちゃん
  • URL
  • 2012-04-13 22:30
  • edit
こんばんは 山野草はいつ見てもかわいらしいですね。
私も今日、山野草を見てきました。
そのうちまた載せますね。つい写真を写すときに
夢中になりました。ひーちゃんが夢中で
写されている気もとがよくわかります。

無題

ミスミソウって 別名 雪割草ですよね。
今年は私も白とピンクに出あいました。(4月1日)
セリバオウレンには雄花 雌花のほかに 両性花も?
よ~く見ると雌花と雄花は蕊が異なるので分かりますが・・・・・。
これは雌雄異株ですね。
両性花は1株に雌雄の花が咲いているのでしょうか?
山野草ってみな可愛いです。

無題

  • 美夕のママ
  • URL
  • 2012-04-13 19:09
  • edit
ミスミソウってユキワリソウの事かしら?
ユキワリイチゲもセリバオウレンも可愛いですね。
今年は寒かったから、桜より遅くなってしまったのね。

一日で

  • あずき
  • URL
  • 2012-04-13 18:21
  • edit
こんなに一度に春の花に出会える場所があっていいですね
セリバオウレンの雄花と雌花の違いは??
この花達をカメラに収められてる時は、至福の時間でしたね
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

[04/25 山小屋]
[04/24 すず]
[04/24 sumomo]
[04/24 NONAME]
[04/23 だんだん]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © hi-log3 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]