忍者ブログ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

八幡湿原より

湿原の近くの農家にはそばの花が咲いていた
どんぐり村からそば粉を買って帰って そば打ちしようかな~

soba.jpg

そばの花

fuuro.JPG

ビッチュウフウロ かわいいね

320edb0b.jpeg

サワヒヨドリはピンク色

1bb42e03.jpeg

白い花はヒヨドリバナ
アサギマダラはヒヨドリバナよく知ってるね

6ad2d541.jpeg

カンボクはもみじ葉

ookame.JPG

大きい葉っぱのオオカメノキ
アーチさんに教わった

8c5cc3db.jpeg

小さいのはヒメキンミズヒキだよ
これはひーちゃんが知っていた

a9ed9e03.jpeg

キンミズヒキと比べてみてね
花丈も こっちが高いよ
PR

Comment

yassyさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-12 08:34
  • edit
そうでしたね 蒜山のそば畑見せていただきましたね
きっと今頃 蕎麦の花満開ですよ
楽しみにしています

oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-12 08:32
  • edit
昔の人は 生活の知恵を 語り継いできたのですね
蕎麦の花が咲くころ 食中毒にならないよう気をつけますね
私の母方の祖母はいつもそばを打ってごちそうしてくれました
出雲そばの十割蕎麦でした
黒い色のそばで もみじおろしとネギと刻みのり
シンプルで美味しい わりごそばでした
小食だった私がわりごだけは5枚も食べられたのです
私も祖母のこと思い出させてもらいました

美夕のママさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-12 08:26
  • edit
美味しい手打ちそばのお店はありますが
蕎麦の香りを味わうには打ちたてに限ります

キンミズヒキは里の道端にも咲いていますが
ヒメキンミズヒキは山路や渓谷 すこし奥にはいったところに
咲いているように思います

あずきさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-12 08:21
  • edit
蕎麦と言えば 母方の祖母が出雲そばを打っていました
打ち方を習わなかったことを後悔しましたが
思い立ってそば道場へ通ってそば打ちを習いました
県北の豊平で二八そばでした
蕎麦の香りお味わえるのは打ちたてのそばに限ります

KOTAちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-12 07:57
  • edit
そばの花が咲くと 夏も終わりですね
こちらも朝夕はしのぎやすくなってきました
これから山野草を探して歩くのによい季節です

そば打ちにはまず豊平そば粉を買ってこなくてはいけません
豊平まで行かなくても 本通りの夢プラザに産直で売っています
涼しくなったから そろそろそば打ち始めましょう

無題

  • yassy
  • 2011-09-11 21:21
  • edit
ソバの花がきれいですね。
昨年は蒜山まで見に行きました。
今年も行きたいなぁ。

無題

蕎麦の花が一面に咲いていますね。
私が子どもの頃は近所に蕎麦を植えていました。
祖母が「蕎麦の花が咲く頃は赤痢が多いから食べ物に気をつけなければ。」
といっていました。
残暑は厳しいし夏の疲れが出て体が弱っている頃なのでしょうね。
蕎麦の花を見せていただいて思い出しました。
ひーちゃん 蕎麦を打たれるのでしたね。
すごいと思います。
母も打っていましたが、蕎麦粉だけで打っていたのでしょうか、
短く切れ切れでした。
それでもおいしかったなあ~。

無題

  • 美夕のママ
  • URL
  • 2011-09-11 15:31
  • edit
私が知っている花は、キンミズヒキだけでした。
以前我が家にもありましたが、無くなってしまいました。
そばは蕎麦屋さんで食べる物と思っていました~

ソバの花

  • あずき
  • URL
  • 2011-09-11 15:15
  • edit
白い花畑荒れた土地でもソバは育つので
昔田んぼが出来ない所に植えたとか
自家製蕎麦おいしそう♪♪

無題

そばの花っていいですよね。
それ位は私でも知っている~~~(笑)
ひーちゃんの事だからそば打ちしたんでしょうね。きっと。

Rohmanさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-11 13:47
  • edit
秋酣 ? ?
あきたけなわ やっと読めました
「もう秋酣の風情です」
時候の挨拶文にこのフレーズ 使っていいですか?
今日はちょっとかしこくなった気分のひーちゃんです
今週は池の段に連れて行ってもらえそうです
池の段のお花畑 おとどけ出来たらいいのですが

shibataさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-11 13:35
  • edit
ヒメキンミズヒキの花の直径は5~7mm
キンミズヒキの半分位 花弁もほっそりしています
学名は~nipponicaでした

pomoちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-11 13:22
  • edit
フジバカマとサワヒヨドリとヒヨドリバナよく似ています
花の色だけでは見分けられないようです白いサワヒヨドリもあるとか

フジバカマ 葉柄あり 葉は3裂 対生
サワヒヨドリ 葉柄なし 葉は細長く 下部の葉は3裂
ヒヨドリバナ 葉柄あり 葉は先のとがった楕円形 比較的大きい 対生

わかりにくい説明だけど見比べるとわかります

アーチさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-11 13:14
  • edit
これで撮った写真はぜ~んぶ
これでおしまいです
ほんとうにお世話になりました

ひーちゃんの豊平そばの二八そばでよかったら
ごちそうしますよ

山小屋さんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-09-11 13:09
  • edit
長野県といえば安曇野そばですね
そば畑を見ると そばを打ちたくなります
祖母の出雲そばを食べて育ったけれど
今は豊平のそば粉で二八そばを打っています
そばの花とリンゴの花 きれいでしょうね
ヒメは姫ですよ
ひーちゃんにつけるには無理があるよ(/_・、)

無題

八幡湿原、もう秋酣の風情ですね。
懐かしい 花 花 花 、
でも、最近は殆ど野生を眼にすることが有りません。
こうしてブログで、楽しませて頂きます。

ヒメキンミズヒキ

  • shibata
  • URL
  • 2011-09-11 10:20
  • edit
おはようございます。
ヒメ・・・・があるとは知りませんでした。
花弁が幾分ほっそりしているかしら?
どこで見分けますか?
ヒメ・・・もjaponicaですか?
新しいことを知るって楽しい、うれしいですね。

無題

  • pomodoro0208
  • 2011-09-11 09:54
  • edit
おはよう~~。
わぁ~すごい。一面に蕎麦の花が・・・。
気分も爽快ですね。
これがあの蕎麦に変身するなんて不思議です。

サワヒヨドリとヒヨドリバナ違いは色が違うだけ?

手打ち蕎麦

  • アーチ
  • URL
  • 2011-09-11 08:07
  • edit
まあ~沢山の写真を撮ったんだね~!
このたびは、ひーちゃんと相方さんの入れ込みようにびっくりしました。また池の段が楽しみですね!
ひーちゃん蕎麦も食べたいよう~

ソバの花

  • 山小屋
  • URL
  • 2011-09-11 07:52
  • edit
これから畑ではソバの花が楽しめます。
長野県を旅するとリンゴとソバの花が
競演しています。
ヒメキンミズヒキとキンミズヒキ・・・
かなり大きさが違うようです。
ひーちゃんにも「ヒメ」をつけてみたいです。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[06/02 piko4438]
[06/02 piko4438]
[05/22 小夏]
[05/20 ひーちゃん]
[05/18 sumomo]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © hi-log3 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]