忍者ブログ

MENU

港が見える丘

故郷の港が見える丘
水仙が咲く丘へ登ってみました

minato3.jpg

春の海 沖ゆく船が見えますか

2848f684.jpeg

今年も水仙が咲きました

5feb0c76.jpeg

水仙の故郷は 青い海の向こうかな

rapa.JPG

何処から来たのか 黄色い水仙

fugu.jpg

青いお星さま  オオイヌノフグリ

wan.JPG

山陰の小さな港町
こここがひーちゃんの故郷
 
PR

Comment

KOTAちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-03-03 20:53
  • edit
今日札幌は大荒れ?
雪ですか?
こちらも今日 白いものが降ってきて
びっくりでした(@_@。
スプリングコートを出したと思ったら
また冬のコートが必要です
週末は節分草祭りなのにね

うさこちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-03-03 20:49
  • edit
冬は時化て暗い色の日本海ですが
春の海はこんな凪 穏やかで優しい海です
私ね 凪と言う言葉の響きが好きです
それでね孫娘の名前 凪沙

marriさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-03-03 20:46
  • edit
頑張ったね~ marriさんにそう言ってもらえると
子供みたいに 泣けてきます
多分 私も 相棒も これが限界だったと・・・
2年余り二人とも病気もせず 毎週よく浜田通い出来たと・・・
それでもこれでよかったのかなと思うのです
「オイ ちょっと買い物に付き合ってくれないか」と
この丘に私を連れ出してくれたのです
広島からカメラもこっそり持ってきていたのです
やっぱりいい相棒ですね

小夏ちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-03-03 20:36
  • edit
そうそう 丘に登る道 水仙の香が春風に運ばれて
「ネエ いい匂いがするよ~~」
いつもはロマンチックじゃないひーちゃんも
思わず言ってしまいました
ふるさとの海はいつも優しく迎えてくれます

山小屋さんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-03-03 20:31
  • edit
フナムシ つかまえて餌にしていましたよ
昔の女の子は 虫を見てキャーキャー騒いだりしませんでした
蠅もゴキブリもやっつけなくては生きていけませんでしたから
フナムシの他にゴカイなどと言うのもいませんでしたか
山小屋さんのふるさとも日本海の見える町ですね

アンまろさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-03-03 20:23
  • edit
水仙の咲く丘
この前登ったのはいつのこと
母の介護に追われてふるさとの海を眺める余裕も
ありませんでした
この丘にはもうずっと昔 私が子供の頃から
水仙が咲くのです

ひな祭りなのに・・・

今日の札幌は大荒れのお天気です。
ひーちゃんのブログを覗くと春真っ盛りの写真の数々にほっとしますね~♪

無題

  • うさこちゃん
  • URL
  • 2011-03-03 11:04
  • edit
ここは日本海ですか。穏やかですね。
先日日本海の荒波を見たので、
とても穏やかに見えます。

素敵なふる里

海の見える美術館へ上ったのかと思ったよ(宮島対岸)
水仙の群生で、日本海かも・・・って。
4枚目、5枚目の写真好きです。ステキよ!
ご主人の労りが嬉しいですね。貴女の琴線に触れる!
お母様入所されて、貴女の時間が取れるようになったのね。
なんだか私までホッとしています。頑張ったね~♪

無題

  • 小夏
  • 2011-03-02 10:36
  • edit
ひーちゃんの故郷も 春^^ですねえ。
水仙の丘、甘い匂いが いっぱいでしょうね。

私も なあんか、暖かい気持ちになりますよ。

故郷

  • 山小屋
  • URL
  • 2011-03-02 09:54
  • edit
ひーちゃんの故郷・・・
もう雪は消えてしまったようです。
日本海の海の色も春の色のようです。
スイセンが目を楽しませてくれました。
今はアイナメが釣れるのでしょうか?
子供の頃は学校から帰ると釣りをしていました。
餌は岩場をゴソゴソ走り回るフナムシでした。
ひーちゃん、捕まえたことありますか?

無題

  • アンまろ
  • 2011-03-01 23:43
  • edit
ひーちゃんのところはもう、春なんですね。
そうですか~ひーちゃんの故郷なんですね。
懐かしい思い出がいっぱいなんでしょうね。

日本海なのにとっても穏やかな~北海道の海とは又ちがった優しさがあります。
そして、春の色なんですね。
お花もいっぱい咲いて、一足先の春を見ました。

あずきさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-03-01 18:09
  • edit
この丘に水仙が咲くころ
日本海も春の色に変わります
同じ山陰の日本海だけど
この辺りまで暖流が流れているのです
母をグループホームへお願いして
私にも少しホッとする時間が出来ましたよ

noraさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-03-01 18:05
  • edit
母をグループホームへ入居させました
ふるさとの海を眺める気持ち
忘れかけていました
母はとても穏やかに暮していて
これでよかったのかなと思っています
週末は総領町の節分草 行ってみようと思っています

故郷の海と花

  • あずき
  • URL
  • 2011-03-01 10:48
  • edit
ひーちゃんの写されるこの景色好きです。
気持ちが伝わって来そうなくらい
暖かくて日本海なのに穏やかな波が
ひーちゃんが癒されてるひと時ですね

すいせん

昨年も見せてもらった水仙でしょうか?
介護に通っていらっしゃるんですね・・
私も昨年11月から介護生活に入りました。
自分の身にふりかかって初めて介護する人や 
今の介護制度について 考えさせられています。
それと自分自身の老後を考えます。

pomoちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-03-01 07:48
  • edit
ふるさとの海をぼんやり眺める
そんな気持ちを忘れかけていました
そっとカメラをしのばせて
さりげなく私を誘いだしてくれた相棒の
優しさが とても嬉しい いい日でした

無題

  • pomodoro0208
  • 2011-03-01 00:35
  • edit
ひーちゃんの秘密の場所へ今年も連れて来て
下さって有り難うございます。
自然の美しい場所、ここの座って遠くの海を眺めて
みたい・・・そんな気持ちになりました。
水仙の香りがほんのり届きましたよ。

美夕のママさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-02-28 23:47
  • edit
もう長いこと ふるさとを思う気持ちを
忘れていたように思います
相棒がこっそりカメラをしのばせて
私を誘いだしてくれました
「おふくろの相手ばかりではかわいそうだから」と
この丘に水仙か咲くころだということ
すっかり忘れていました
日本海も春の海でした
とても嬉しい時間でした

Rohmanさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-02-28 23:42
  • edit
水仙は水辺に住む仙人のようだと
中国で名づけられた名前だとか
そして平安時代 中国から対馬海流にのって
越前岬に流れ着いたという説もあるとか
きっとふるさとの海岸にも流れ着いたのでしょう
どこかロマンチックなこの説を信じているひーちゃんです

すずさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-02-28 23:39
  • edit
この丘は 秘密の場所
観光客もやってきません
だ~れの手もくわえられず
全くの自生地です
私が子供の頃からず~っと
忘れず咲いてくれます
水仙は平安時代 中国から 対馬海流にのって
越前岬に流れ着いたと
この海岸にもきっと流れ着いたのでしょうね

shibataさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-02-28 23:35
  • edit
水仙は満開 この丘 一面 水仙が咲いていました
山陰と言っても出雲地方から鳥取にかけて
雪が多く 寒いのですが
石見地方は近くを暖流が流れていて
比較的暖かいのですよ
水仙は中国から海流にのって流れ着いたという説を
私も信じています

アーチさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-02-28 23:17
  • edit
この丘はいいところでしょう
観光客もやってこないし
だ~れの手も借りてない
全くの自生地です
水仙はきっと海の向こうの中国から
海流にのって流れ着いたのでしょうね
青春時代 ここからよく船を眺めたものです

oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-02-28 23:14
  • edit
こちらこそいつも優しいコメントをいただきました
そして いつも変わらぬ 魅力的なブログ
美しい写真です
御主人様の介護をなさっていることも全く気付かなくて
ごめんなさい
また帰ってきて下さい いつまでも待っています
御自分の体もいたわってくださいね

yassyさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-02-28 23:08
  • edit
ほんとうに 誰にもふるさとはありますね
こんなにのどかで変わらない故郷があること
いつも変わらぬ温かさで包んでくれる
そんな ふるさとに感謝しなくてはいけませんね
母の介護に追われて この2年間余り
そのことを忘れていたように思います

ぴこさんへ

  • ひーちゃん
  • 2011-02-28 23:04
  • edit
この丘は子供の頃 駆け巡って遊んだものです
この入り江はだんだんに砂浜が浸食されて
青春の思い出も波にさらわれそうですが
久しぶりに相棒と二人で登りました
カメラに夢中な相棒に
「転ばないでよ~~」そういうひーちゃんも
足元が危ない
水仙は平安時代 越前の海岸に
対馬海流にのって流れ着いたと
きっとこの海岸にも流れ着いたのでしょう

無題

  • 美夕のママ
  • URL
  • 2011-02-28 15:15
  • edit
ひーちゃんの故郷は自然が綺麗な場所ですね。
こんな所で、ひーちゃんは育ったのですね。
私には故郷は無くなってしまったけど、ひーちゃんの故郷がいつまでもありますように・・・

海岸の水仙

ひーちゃんの故郷、美しい日本海と、海岸の丘の水仙、
心が和みます。水仙は「雪中花」とも呼ばれますが、
予想外、雪は全く見えませんね。

なぜか、水仙の自生地は海岸が多いですね、
有名な小豆島の灘黒岩、岡山県でも瀬戸内海の笠岡市六島、
などなど・・・・

無題

  • すず
  • 2011-02-28 08:06
  • edit
小さな港町、、、、いいなぁー
こんなところには1人旅してみたい
きっと丘に登って港を眺めるだろうなぁー

昔々水仙も海流に乗って
この港町にたどり着いたのかもしれませんね。

港の見える丘にはこの日本水仙が似合います。

山陰は春?

  • shibata
  • URL
  • 2011-02-28 07:50
  • edit
海の見える丘・・・故郷はどこでもいいものですが、海が見えるとは一層ですね。
水仙も咲いていて季節が早いように思います。
山陰はまだ雪の中・・・ってイメージですが・・・・
日差しがこちらより暖かそうです。

長閑だね!

  • アーチ(yamanosaru)
  • URL
  • 2011-02-28 07:33
  • edit
ひーちゃんの里長閑だね~陽気な日は一日中海を眺めていたい気分でしょう。今年は水仙の里へ行きださずじまいになりそうです。オオイヌノフグリ私の目も奪いましたよ、つい撮ってしまいますね!

無題

ひーちゃんは毎日この海を眺めながら大きくなられたのですね。
自然がいっぱい残っていてとっても美しい!!!
ひーちゃんの優しさの原点はここにあるのですね。

たくさんの優しいコメントをいただいてとても嬉しく思っています。
夫の体調が良くないのでしばらく看護に努めたいと思い、しばらくお休みすることにしました。
再開しましたらまたよろしくお願いいたします。

無題

のどかな春の日差しをいっぱい受けて、お花が一斉にほころび始めましたね。
港の見える丘で沖行く船を見送る・・・詩情がありますね。
誰にもふるさとがある
でも
ひーちゃんの故郷は格別美しい!

故郷

  • piko4438
  • 2011-02-27 21:20
  • edit
久しぶり?の故郷でしたね
毎週帰られてたのが嘘のようですね~~
水仙は福井県も多かったのでは
我が家の黄水仙まだ咲きません、
そちらが暖かいのかな
沖行く船が見えて良い所ですね~
春の海ひねもすのたりのたりかな
ついこの言葉が出そうです
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[06/02 piko4438]
[06/02 piko4438]
[05/22 小夏]
[05/20 ひーちゃん]
[05/18 sumomo]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © hi-log3 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]