忍者ブログ

MENU

春浅い奥出雲 たたらの里

4月のNHKの講座は 奥出雲  菅谷たたら山内(さんだい)



高殿はブルーシートの中
時がとまっているようだ
映画 もののけ姫のモチーフになりました



金色に輝く 桂の木
3月は赤い花が燃えるようだったと・・・



祠の立て札はいりません



里山を歩く



エドヒガンは可愛い桜



ヤマネコノメ どれが猫の目?



イカリソウ み~つけた


スミレサイシン



タチツボスミレ



すみれは すみれ




崖の上に ひとかたまり
かわいいね~
写真撮ってる 貴女もかわいい な~んて
そんな嬉しいこと言ってくれた人がいた
ルンルン~♪
このあとは 龍頭の滝へ行くという
続きはまたあした
PR

Comment

すずさん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 19:24
  • edit
NHKの野山の植物探訪という教室
二人で申し込んで1年半も待たされました
バスツアーにも大分慣れましたが
やはり気ままな二人旅の方が気が楽です
今日は八幡湿原に行ってきました
リュウキンカやミズバショウが咲いていました
ショウジョウバカマもやっと顔を出したところでした。

KOTAちゃん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 19:19
  • edit
植物の名前ですが 他の生徒さんは熱心で
メモをとって歩かれます。
私はねメモをとっても ほとんど見直すことがないので
メモをとるのは止めました。
頭に残った分だけ少しずつ覚えていけば
いつかたくさん覚えられる。
いいかげんですね(/_・、)

山小屋さん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 19:15
  • edit
NHKの教室は二人で入会しました。
なのでいつも一緒です。
相棒のカメラにはひーちゃんが
何枚かおさまっていましたよ。
菅谷たたら山内と言われても
山野草はどこ?
興味の対象が違っていました。
スミレはそうですね 葉っぱを撮ってこないと
わかりませんよね
今度はちゃんと葉っぱを撮ってきます。

miyakeoriibuさん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 19:10
  • edit
菅谷たたら山内と言われても
何の予備知識もなく
鉄師の集落跡とわかりましたが
高殿が修復中で 製鉄の説明もきけず
樹齢200年の桂の木だけをみてきました。
5月の歴史探訪で相棒が再度 奥出雲に行くそうです
菅谷たたら山内に立ち寄るそうで
今度はしっかり取材してきてねと頼んでおきました。

sidu-hahaさん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 19:04
  • edit
NHKの野山の植物探訪で
高殿の脇の樹齢200年の桂の木がメインでした。
菅谷たたら山内についてもう少し
下調べが必要でした
鉄の鉱山跡をみるのかと思っていたら
たたら製鉄の鉄師の集落跡でした
製鉄を行った高殿が修復中とあって
充分な見学も出来ず帰ってきてしまいました。
もののけ姫のモチーフになったと
あとで知りました。

rohmanさん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 18:47
  • edit
たたらについて調べてくださって
ありがとうございます
私も予備知識もなく行きました
あいにく秋までは高殿が修復中ということで
見学も出来ませんでした
たたら製鉄は鉄原料として砂鉄を用い、木炭の燃焼熱によって砂鉄を還元し、鉄を得る方法のようです。
ふいごで風を送ったのですが そのふいごをたたらと
言ったそうです。

あずきさん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 18:42
  • edit
アラ この近くのお生まれですか
私はたたら製鉄のことも
たたら山内のこともあまり知りませんでした。
今回高殿も修復中で 見学もままならず
とても残念でした。

鉄砲玉さん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 18:39
  • edit
たたら製鉄は鉄原料として砂鉄を用い、木炭の燃焼熱によって砂鉄を還元し、鉄を得る方法です
風を送るふいごのことをたたらと言ったようです。
ウランは人形峠でしたよね

スミレの名前は本当にむつかしいです。
スミレはスミレよと片付けてしまいたくなりますね。

shibataさん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 18:31
  • edit
ネコノメソウは種が猫の目のようなのですね
これで名前の由来がわかりました。
菅谷たたら山内は鉄師の集落として
樹齢200年の桂の木と共に高殿を残し
貴重な文化遺産のようです。

だんだんさん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 18:27
  • edit
私の興味の対象は山野草ばかりです
たたら山内について下調べもせずに行きました
高殿は修復中でたたらの様子も見学できず
桂の木も赤く燃えている時期は過ぎており
あまり感動もなく帰ってきてしまいました。
今に残るたたら山内としては貴重な集落跡と
調べているうちにわかったような次第です。

bisuiさん~♪

  • ひーちゃん
  • 2014-04-24 18:18
  • edit
コメントありがとうございます
絲原家は大鉄師の家柄で
製鉄で財をなしたようですね
秋まで高殿が修理中とのことで
たたら製鉄の様子が見学できなくて
残念でした。

無題

  • すず
  • 2014-04-24 07:29
  • edit
良い所のようですね。
団体に所属していると色んな所に行けて
楽しいですね。

ちょつと無粋な祠の立て札、親切の押し売りでしょう(*^_^*)

何時もながら山野草嬉しく見せてもらいました。

無題

たたらの里いい所ですね。
スミレもこんなに沢山の種類があるんですね。
私なら写真を写してきてもブログをアップする時もう名前を忘れていますね。^_^;

スミレ

  • 山小屋
  • 2014-04-21 17:06
  • edit
スミレにもたくさんの種類があります。
葉っぱが細長ければ、ナガバノスミレサキシンです。
高尾山でよく見かけます。
今回は相棒がいなかったのですか?
ひーちゃんのかわいい姿が見えません。

無題

奥出雲 菅谷たたら山内に行かれたのですね。
昨年、oriibuは都合で参加できなかったのですが、
互助の旅は、奥出雲でした。
ここで楽しませていただきます。
スミレが可愛いですね。
昨日実家の墓掃除に行ったら(23日が法事)、
たくさんのスミレが咲いていました。
可愛いと思いましたが、抜いてしまいました。

すごい~

  • sidu-haha
  • URL
  • 2014-04-20 21:55
  • edit
こんばんは~(^o^)
すごいですね。
菅谷たたら山内~にお出でになったのですね。
私にとってはあこがれの地です。
いつかチャンスがあったら、行ってみたいなあと思っているのですが、
遠すぎて~
ここで、拝見できてとっても嬉しかったです。
スミレもかわいく咲いていますねえ。
ありがとうございます。

無題

奥出雲 菅谷たたら山内

しらべてみました。
昔の たたら(蹈鞴)師の集落の跡、たたらとは、ふいご(鞴)で
風を送って鉄鉱を溶かして製鉄をすること。
とあります。
ほこらの写真にある、「金属神祠」の意味がわかりました。

ネコノメ草 我が家にも今咲いています。
ツクバイ(蹲)の周りを彩っています。

たたら製鉄の文化と、その人々の生活のあとですね。

たたら

  • あずき
  • URL
  • 2014-04-19 20:17
  • edit
奥出雲 私の故郷はその隣 たたらがありました。
懐かしいです。
すみれは すみれ(笑)私もそんな感じです。

無題

  • 鉄砲玉
  • 2014-04-19 06:07
  • edit
たたらとは製鉄?と思いますが、そちらには銀とか鉄とか色々な鉱物があるのですね。
まさに宝の山・・・
そう言えば近くはないかも知れませんが鳥取のウランも小学校で習いました。

スミレは種類が多くなかなか覚えられません。
有名なものは判るのですが、変種が多くて・・・

スミレいっぱい!

  • shibata
  • URL
  • 2014-04-17 18:10
  • edit
このツアーはいいですね。
イカリソウも・・・もう・・・
ネコノメソウは種が「猫の眼」なんですよね。
本格的な山歩き・・・しばらくしておりません。いいな~!

たたら

奥出雲のたたらに興味があり、レンタカーで巡りました。
本も読んだけどまだまだ未知の所…
桂はたたらに欠かせないご神木なんですね♪

奥出雲の旅

2003年の11月に鬼の舌震の渓谷に行った記憶が有ります。
アルバムを出して見ましたら、絲原記念館に寄って昼食を
した写真が有りました。懐かしいです奥出雲だと言うのですが
、同じ処でしょうか。
5月には教えて頂いた女鹿平温泉に行く予定を考えています。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[06/02 piko4438]
[06/02 piko4438]
[05/22 小夏]
[05/20 ひーちゃん]
[05/18 sumomo]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © hi-log3 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]