忍者ブログ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恐羅漢山に登る

大規模林道を車でスキー場まで行けるから
そんな誘いに乗ってしまって 恐羅漢山に登って

gen.JPG

登山口 赤白並んで咲いていた ゲンノショウコ

toza.JPG

軽い気持ちで 登り始めた ひーちゃんでしたが・・・

bf8b46bf.jpeg

やっと視界が開けて
「もうここで 待ってるよ」

52707fc2.jpeg

もう少しだよと励まされやっと山頂です

akaimi.JPG

赤い実は ナナカマドかな~~

uragin.jpg

花はないけれど ヒョウモンチョウ

himekin.JPG

キンミズヒキより小さい ヒメキンミズヒキ

PR

Comment

うさこちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-14 00:15
  • edit
山野草の写真が趣味だったはずのひーちゃんですが
時々 相棒の誘いにのって山登り
ブツブツ言いながら登っています
もうやめたと言いながら また登ってしまうのです

mamarinnさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-14 00:13
  • edit
ヒメキンミズヒキ とても小さい花です
たまたまミキンミズヒキも咲いていて
比べたらこれは違うぞと思って
どうせピンボケとあきらめながら撮ってきたら
珍しく写っていました
山登りで花らしい花がないとふくれっ面をしながら
「駄目だよ やっぱり花がないよ」とブツブツ言いながら
困ったもんですね

pomoちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-14 00:08
  • edit
花が少ないきついだけの山で
ブツブツ言いながら登って
私が撮ったのはヒョウモンチョウとヒメキンミズヒキと
ゲンノショウコだけ
あとは相棒の写真を拝借です
それから恐羅漢のオソルはアイヌ語で尻の
ラカンは穴 どうやらウグイの産卵する穴
その後ろにあるのが恐羅漢山
なんで アイヌの地名が付いたのやらわからないよね

Rohmanさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-14 00:03
  • edit
花らしい花がなく退屈な山でした
山頂からの眺めはよくチョウ達が楽しませてくれました
ゲンノショウコ 西は赤く東は白いといいますが
紅白一緒は珍しいと思います

アーチさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-13 23:59
  • edit
見破られたか!
なにぶん花らしい花がなくアキチョウジばっかり
ブツブツいいながら登ってるからなかなか頂上がみえない
山頂でお弁当食べたら少し機嫌はなおったものの
下りは立山コースでスキー場のゲレンデを 膝にくるんじゃないかとついブレーキかけて 疲れました(/_・、)

アンまろさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-13 23:54
  • edit
私がナナカマドの赤い実を知ったのは
札幌時代 一番仲良くなった方が
俳句にナナカマドをよんでいらしたからです
その頃は子育て真っ最中 山野草をめでる暇もありませんでした
ナナカマドが赤くなり 北海道の秋はとても印象的でした

あずきさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-13 23:50
  • edit
山野草を写真が趣味のひーちゃんです
きつい山登りで花がないとわかったら
一人だったら登りませんよ
内緒ですが風景写真は相棒のを拝借です

Oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-13 23:47
  • edit
中国山地もなかなかのもんですよね
恐羅漢のオソルはアイヌ語で尻の
ラカンは穴
穴はウグイの産卵する穴 その奥にあるのが恐羅漢山
どうしてアイヌ語の地名がついたのか不思議です
この日は花がなくてスローペースの私
相棒は退屈しのぎに私の写真を撮ったようです

kimikoさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-13 23:40
  • edit
ゲンノショウコ 西は赤くて東は白いとか
ここでは紅白一緒が珍しいと撮ってみました
御神輿もできていましたよ
中国山地の山並みは帰省の途中 中国道を走ると
お天気の日にはきれいです

ぴこさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-13 23:33
  • edit
毎日 泳いでいるから 運動はしているつもりですが
花がない山ときいて 最初から乗り気でない
やっぱり 花がないよ 何もないよとブツブツ
よけいに疲れるひーちゃんです
山頂のチョウたちは子孫を残すのに大忙し
とても元気に乱舞していました

山小屋さんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-13 23:28
  • edit
もう 登らない と言いながら
また登ってしまうひーちゃんです
山頂にはちょうど二人分の木陰があって
そこでお弁当を食べました
中国山地の山並みもなかなかのもんです

yoasさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-13 23:24
  • edit
ツマグロヒョウモンも山頂でカップルになるのですね
深入山の山頂でも乱舞していました
ナナカマドの赤い実とキンミズヒキしかありませんでした
それと登山道にアキチョウジどこまでもアキチョウジ
カメラを出す余裕もありません

美夕のママさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-09-13 23:19
  • edit
私もなんだか険しそうな山の名前と思っていました
オソルはアイヌ語で 尻の
ラカンは穴
穴はウグイが散乱する浜でその奥にあるのが羅漢山
北海道にも近い地名でエソラカンどいうのがあるそうです
なぜ広島にアイヌの地名と不思議です
花が少ないので気分で疲れました

無題

  • うさこちゃん
  • URL
  • 2009-09-13 11:44
  • edit
こんにちわ この山は何と読むのでしょうか。山には縁がないけど、皆さんのコメントとひーちゃんが頑張って登っている姿を思い浮かべながら眺めています。

無題

  • mamarinn
  • URL
  • 2009-09-12 12:57
  • edit
ひーちゃん、この山に登ったの、尊敬しますよ。
ここで待ってるのひーちゃんにもう少しだよと相棒さんの声。
このステキな景色をひーちゃんに見せたかったのでしょう。
そして心を慰めてくれる蝶や花たち。
気をつけていないと見落としそうな小さなみずひき。
我が家の水引は花が終わりました。

無題

  • pomodoro0208
  • 2009-09-12 10:43
  • edit
すごいひーちゃんこの山に登ったの?
早速呼び名も分からないので検索して・・・と。
険しいヤマみたいじゃないの?
これを見てますますひーちゃんを尊敬してます。

この名前から恐山を想像、(ただ似たような名前から)
山頂から見た景色絶対に忘れないでしょうね。

大好きな山野草もちゃんと写してきたのね。

無題

恐羅漢山。怖い名前の山ですね。
調べてみました。
三段峡の西の辺りですね。標高1346mと
かなり高いですね。それより険しそうですね。

頂上まで登られて、達成感とともに、見晴らしも
素晴らしく、よかったですねですね。

紅白のゲンノショウコ、それにナナカマドも
色づいて、登った甲斐がありましたね。

無題

  • アーチ
  • 2009-09-12 07:21
  • edit
紅白のゲンノショウコが一緒にあるとは珍しいのでは?
夏焼峠から登ったのかな?それだったら、そんなにきつい登りでなかったでしょう(深入林道コース並でしょ)。
来春にサラサドウダンやショウキランを求めて行くといいよ。
勿論紅葉の時期も素晴らしいよ!二度と登らないなんて言わないで!

山登り

  • アンまろ
  • URL
  • 2009-09-11 22:50
  • edit
ゲンノショウコって可愛いお花ですね。
色もとってもきれい。
山に登るといろんなお花に会えるね。

ナナカマドはそちらにもあるんですね。
こちらで、この間、山のほうに行った時、ずいぶん色づいていました。

無題

  • あずき
  • URL
  • 2009-09-11 21:49
  • edit
ゲンノショウコの紅白可愛く並んでいますね
ご主人様に励まされながら登った、山頂からの眺めは最高ですね

無題

恐羅漢山って字を見ただけでは怖い山のようですが、
道が険しいのでしょうか。
頑張り屋のひーちゃんが弱音を吐くのですから。
山頂からの眺めはまた格別ですね。頑張った甲斐がありましたね。
山々が連なっていますが、ここは中国山地ですか。
ひーちゃんの山登りの姿 素敵です。背がお高いのですね。

現の証拠

  • shibata
  • URL
  • 2009-09-11 21:36
  • edit
こんばんは
いつも行く鶴田沼にゲンノショウコがあったのですが、
今年は刈り取られていて残念だったのです。
紅白揃ってかわいいですね。
種になるとまさに御輿になりますね。

山なみがいいですね。おつかれさま!

やまなみ

素晴らしい眺望ですね
ひーちゃん運動不足?かな
花も楽しいけど登る姿も良いですよ
我が家にも、ヒョウモン蝶時々みかけます
今までも来てたんでしょうね
黒いアゲハが、羽を広げたままで死んでました
子孫は残ったかな?

ナナカマド

  • 山小屋
  • URL
  • 2009-09-11 13:00
  • edit
天気がよい時の山登りは最高ですね。
「もういいよ」といいながら頂上に立つとまた
気分が違うものです。
日頃のストレスも吹っ飛んでしまいます。
小さな花も慰めてくれたようです。
素敵な山登りでしたね。

無題

  • yoas23
  • URL
  • 2009-09-11 11:19
  • edit
幼虫の時に庭のパンジーなどのスミレを食べるツマグロヒョウモンが何故山頂に?
と思われるでしょうね。
実はツマグロヒョウモンも山登りをするのですよ。
キアゲハなんかもそうですが、山頂が雄と雌の出会いの場になってるようです。
ひーちゃんも負けないで山頂を目指しましょう。

ナナカマドの実が少し色付いていますね。

恐羅漢山

  • 美夕のママ
  • URL
  • 2009-09-11 09:03
  • edit
恐羅漢山ってなんだか恐ろしい山なのかしら?
標高1346メートルって載ってたけど、途中まで車で行けるとはいえ頑張りましたね。
空も青くて、山頂からの景色もひらけていて、ナナカマドもあって、蝶もいて、最高でしたね。
ヒメキンミズヒキって可愛い!
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[06/02 piko4438]
[06/02 piko4438]
[05/22 小夏]
[05/20 ひーちゃん]
[05/18 sumomo]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © hi-log3 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]