忍者ブログ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山はもう登らない!

「山はもうのぼらない」と叫んでしまった琴引山です
カメラをリュックから出す余裕もなく 写真は山頂で撮った1枚だけ

sanbesan.JPG

三瓶山です
・・・
気をとりなおして相棒のカメラから拝借して

kotobiki.JPG

スキー場のゲレンデから 目指す琴引山です

9b78d355.jpeg

ひーちゃん大丈夫かな~

kutu.JPG

大丈夫ではなさそうです

kutu3.JPG

新しくおろした靴をいきなりフィールドに
無謀なことでした
仲間にカットバンをもらって貼りました

akigiri.JPG

キバナアキギリが咲いているよ

7ff491e7.jpeg

アキチョウジもきれいだよ

f0665c7d.jpeg

オット サラシナショウマのお出迎え
ひーちゃん写真撮らないの~~
そんな場合じゃありません

af17fb94.jpeg

こんな大きな岩のところに来ました
ひーちゃん 無言

sennou.JPG

フシグロセンノウが待っててくれたよ と仲間が言うけど
ひーちゃんは無言

kutu2.JPG

やっと頂上に着きました
今日は口数が少ない ひーちゃんです

この後下りのルートが倍きつかった
おまけにバランスを崩して谷へ落ちかけた
というより一回転して 木の枝につかまった

99b22c00.jpeg

麓まで下りたら 「アキノタムラソウにキチョウ」がいるよと
相棒が誘うけど
カメラは出さないひーちゃんでした
PR

Comment

Oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-10-14 22:33
  • edit
あとから思いだして 怖くなります
よくも骨折や捻挫をしなかったと
神様に感謝しています
これからは自分の力量にあった山登りを心がけます
登山靴の靴ひもの締め方 ストックの調節
まだまだ学ばなければいけないようです

無題

おろし立ての新しい登山靴で山登りしたのね。
それはちょっと無謀のように思いますよ。
>バランスを崩して谷へ落ちかけた
というより一回転して 木の枝につかまった・・・・・<
大変なことになるところでした。
何事もなくてよかった、よかった!
ご主人さまやたくさんのお友達と一緒でよかったです。


すずさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-10-14 06:21
  • edit
登りと下りでストックの長さをかえることやっと
教わりました
靴の紐の調節も必要なのですか?
その辺りがまだわかっていません
今までこんな急な斜面の巾の狭い山を登ったことが
ありませんでした
片側が常に崖の状態だったのです
思いだしても怖いのですが
これからはよく知った山に登ることにします
今日は大野のベニマンサクを見に
家族で出かけることにしました

無題

  • すず
  • 2012-10-14 06:03
  • edit
登山靴が足にぴったり合わないと辛いです。
ひもの締め方も上り下りでは重要ですよ。
山は登ったら必ず下りのこと頭に置かないといけませんから
私も膝を悪くしてからは下りを考えると
なかなか上る勇気が湧きません。

でも山へ行きたい気持ちは何時でもあります。
またきっと行きたくなりますよ。

あずきさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-10-14 05:54
  • edit
崖から落ちたのは 靴のせいにしたり
山のせいにしたりするけれど
本当は自分の脚力が弱っているからですよね
それにもともと 急な山は私には無理だったのでしょう
これからは充分気をつけて山を楽しむようにします

yassyさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-10-13 22:29
  • edit
ハイ ひーちゃんは幸せ者です
いつも友達に助けられています
もうイヤと言っても
大丈夫だから また登ろうねと誘ってくれます
高い山の上に登らないと会えない花があるから
仕方なく登ります
センブリもリンドウもヤマラッキョウも
なぜか山の上です(/_・、)

無題

  • あずき
  • URL
  • 2012-10-13 22:25
  • edit
怪我がなくて良かったです。
下山時注意ですね

もう山に登らないって、数日後に歩いていらした。
花が待っててくれるものね
お互い気をつけて楽しみましょう

marriさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-10-13 22:24
  • edit
性懲りもなく その靴で深入山に登りました
前回 痛くなった場所にでっかいカットバンを貼って
それからブロ友の山歩きのプロに靴ひもを締め直してもらって
登りました
下りは彼の後ろをついておりました
ストックを長くして 体重をストックにかけながら
足の負担を軽くする方法も教わりました
おかげで翌日は筋肉痛にもなりませんでした
もうお払い箱にしようと思っていた靴ですが
もう少し履きならしてみようと思っています
今度はバスツアーで吾妻山です

shibataさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-10-13 22:18
  • edit
ハイよかったです
打撲で内出血 プールに泳ぎに行くと
他人の眼線を感じます
アッ 見られてる って感じ
見られる人の気持ちがわかりました
これからは自分も気をつけようと思いましたよ
やっと目立たなくなってきました
骨折も肉離れもなく 仕事にも支障をきたすことなく
無事だったことに感謝して
これからは慎重に行動しようと思います
確かに筋力が落ちているのですね
下りはストック長くして・・・忠告ありがとう
気をつけます

美夕のママさんへ

  • ひーちゃん
  • 2012-10-13 22:13
  • edit
笑って下さい
帰ってから靴の取り扱い書を読みました
近くのウオーキングではきならしてから
フィールドへ出て下さいと一番に書いてありました
火曜日に「もう山は登らない」と言ったくせに
日曜日には登っていました
今度は筋肉痛も残りませんでした
最初から大きいカットバンで保護して
靴も少し傷めてやわらかくしておきました
ムラサキセンブリに会いに行ったというわけです
これからも もうイヤと言いながら
山に登るのでしょうね

無題

  • yassy
  • 2012-10-13 20:35
  • edit
足さえ傷まなかったら、きっといい山登りだったことでしょう。
天気は最高によさそうだし、きれいな花や蝶が歓迎してくれるし、
いうことなしですね。
でもひーちゃんのそばにはいつも素敵な相棒さんや、お友達がいてくださってお幸せです。

痛かったね!

穿きなれない靴、っていうか、足痛かったね!
下り坂ってこわいでしょ。アタシ苦手なのよ。
いつも一人だから、舞いぺ0酢で歩けるけど
貴女は仲間がいるのね。休めないし、写真撮れない!
痛かったね。その靴になれるかなぁ~^^♪フレー・フレー!

無事が何より・・・

  • shibata
  • URL
  • 2012-10-13 20:08
  • edit
谷に落ちたり、怪我をしなくて良かったですね。
山はいいけど、危険があっては・・・・・
私たちの(たぶん同じくらいでしょう?)年齢はどうしても筋力が落ちるので
怪我はたいてい下り・・・息が上がらないで楽そうだけど危ないのです。
下りでストック、長くしていますか?
私も明日は久々の山、気をつけないと・・・・
秋の花もいいですね。

無題

  • 美夕のママ
  • URL
  • 2012-10-13 16:34
  • edit
笑いながらブログを読みました・・・
確かに買ったばかりの登山靴をいきなり履いていくなんて
無謀すぎます~

でもきっとすぐに山に登りたくなると思いますよ~
人生ってこんな感じだから~
空も雲も花も蝶も空気も全てが素敵だもの~
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[06/02 piko4438]
[06/02 piko4438]
[05/22 小夏]
[05/20 ひーちゃん]
[05/18 sumomo]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © hi-log3 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]