忍者ブログ

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

太田川の土手で

太田川の土手にセリは生えてないかと出かけてみました

kawa2.JPG

太田川放水路 両岸は緑地帯として残されました

karuga.jpg

橋の上から カルガモ
シンクロみたいだね

hidori.jpg

ねえ 何してるの~
ヒドリガモのカップル

seki.jpg

ハクセキレイ 胸の模様でわかるよ
PR

Comment

Oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-01-25 06:54
  • edit
セリは季節が早すぎたのでしょうか
それともその場所はもう生えなくなったのでしょうか
わかりませんね
小さい川でもコンクリートで固める護岸工事では
生物の連鎖が壊れだんだん鳥も魚もいなくなってしまうようです

Rohmanさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-01-25 06:49
  • edit
カルガモの嘴の先は黄色いことに気がつきませんでした
羽の白い部分を頼りに探していました
教えて下さってありがとうございました
セキレイは動きでわかりますが
しっぽをせわしく上下するのですね
気をつけて観察してみます

yassyさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-01-24 22:29
  • edit
ちょっと散歩は太田川の土手ときまっています
緑地帯はきれいに刈られてまだ春の息吹を感じません
橋の上からカルガモがきれいに撮れるとは思っていませんでした
今度はカイツブリを狙います

無題

以前は我が家の近辺ではセリが生えていましたが、コンクリートで固めてからは生えなくなったようです。
カルガモ、ヒドリガモ 比べると違いが分かるけど・・・・・。

今日私のブログでおことわりなしにリンクさせて頂きました。


無題

太田河畔、長閑ですね。
橋の上からの カルガモずいぶん鮮明に撮れましたね。
嘴の先だけ黄色いので私のような素人にもわかります。

ヒドリガモはお手あげ、ハクセキレイは横から見ると
わかります。尻尾を上下にせわしなく動かしますね。

無題

  • yassy127
  • URL
  • 2009-01-24 20:08
  • edit
せりの自生はこのごろあまり見かけませんね。
スーパーではこのごろずっと安価になりました。

水の色、鳥の色、美しい自然の色ですね。

pikoさんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-01-24 17:36
  • edit
そうですよ 毎朝お散歩のpikoさんご夫婦みたいです
仲良しがいちばんです
つくしの佃煮 美味しそうです
つくしは写真に撮るばかりです
セリもフキノトウも見つかりません
探す場所が悪いのでしょう

KOTAちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2009-01-24 17:30
  • edit
せっかちでした
セリはまだまだでした
フキノトウも見つかりません
カルガモは日本の留鳥のようで何処にでもいます
カイツブリは一度もぐられるとはるかかなたに
浮かび上がるので写真には撮れません
ウフフ いろいろ 鳥になった気分です

春を探して

  • himawari-4438
  • URL
  • 2009-01-24 13:58
  • edit
もう芹ですか・・・
私は今日冷凍庫で土筆見つけました(わらい
ひーちゃんの御蔭で鳥の名前も少しずつ覚えてます
それにしてもこんなに寒いのに仲の良い事ですね
何話してるんだろう!

無題

もうせりが出てくるんですか・・・
太田川の土手素敵な所ですね。
カルガモさんも気持ち良さそう~♪
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[06/02 piko4438]
[06/02 piko4438]
[05/22 小夏]
[05/20 ひーちゃん]
[05/18 sumomo]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © hi-log3 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]