忍者ブログ

MENU

バードウオッチングは見るだけ?

植物園の森にはたくさんの野鳥がいます
バードウオッチングは早朝がいいときいて
開館に合わせて行ってみました
デジカメぶら下げて 双眼鏡忘れて・・・大丈夫かな?

d8dd05b0.jpeg

ヒヨドリかなツグミかな?

tugumi3.jpg

どうやら ツグミのようです

tugu4.jpg

オヤオヤ どこにいるのでしょう シロハラのようです

266160aa.jpeg

黒に白い紋つき みえないぞ

17aceba3.jpeg

ヒヨドリ  ヒヨドリにちがいない

hiyo2.jpg

これじゃあ 影絵だよね~
ヒヨドリのラブコール
PR

Comment

山小屋さんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 22:18
  • edit
植物園の森 ヒヨドリの声ばかりがうるさくて
シロハラもシジュウカラも逃げてしまいそうです
ツグミは口をつぐんで鳴きませんよ

美夕のママさんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 22:15
  • edit
ヒヨドリはうるさく鳴くけれど
ツグミは口をつぐんで鳴きません
北へ帰る頃には鳴くと言われていますが

Rohmanさんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 22:12
  • edit
野鳥観察は 無口で忍び足
目と耳に神経を集中して
冬枯れの早朝 寒いのが困ります
望遠なしのカメラでは写真に撮るのは難しいけれど
思いがけない出会いが楽しいですよ

pomoちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 22:08
  • edit
庭の木に餌台作ったのですか?
ミカンを置いたのですか
メジロかヒヨドリ きっと来るよ
カメラは準備して 待ってたらきっと来るね(p_-)

すずさんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 22:05
  • edit
冬鳥たちは本州で充分越冬出来るのでしょうか
鳥たちの渡りのことは よくわかりませんね
野鳥観察は冬枯れの季節 早朝は寒いね

marriさんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 21:59
  • edit
植物園の森はたくさんの野鳥がやってきます
冬は枯れ木で隠れにくくなる上に木の実がごちそう
bird watchingの季節です
野鳥観察会等もありますよ
観察だからね~見るだけ 双眼鏡でね
望遠なしのカメラではやっぱり限界がありますね
みて楽しむ方がいいのでしょう

Oriibuさんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 21:52
  • edit
シロハラは本州以南の積雪のない低地で越冬するそうです
地面に降りていることも多いです
とても地味な鳥です
メジロ・ツグミ・ジョウビタキ・ムクドリ
色々な野鳥が撮れましたね

あずきさんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 21:49
  • edit
この植物園の森は広いのですよ
ちょっとしたハイキングです
bird watching かねて無口に忍び足なのが
知らない人が見たらきっとおかしいよ

小夏ちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 21:46
  • edit
先日のあの貯水池ですよね
メジロだけでなく エナガもシジュウカラもやってきそうです

アンまろさんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 21:44
  • edit
シロハラは冬鳥ですが本州以南の積雪のない低地で越冬するようです
それで札幌にはいないのでしょうね
そちらは自然がいっぱいで野鳥たちもたくさん住んでいることでしょう
春になったら北へ帰る鳥たちの中継点になるのでは?

うさこちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 21:32
  • edit
鳥の鳴き声できき分けられるようになったら
一人前ですね
私たち二人して新米です
上の方で鳴いていると思うと 藪の中から飛び立って
今度は下の方も見ながら・・・
時々 思いがけない出会いがあるから
また行こうという気にさせてくれます

ぴこさんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 21:27
  • edit
一枚目の群れはツグミです
頭のてっぺん ヤンキーなのはヒヨドリです
ツグミは冬鳥ですがヒヨドリは留鳥です
鳥を撮るのは難しいですね
望遠なしでは限界がありますが
bird watchingは楽しいですよ
今日はどんな鳥に出会えるだろうかと
無口に 忍び足で ちょっとワクワクしながら

KOTAちゃんへ

  • ひーちゃん
  • 2010-02-07 21:21
  • edit
札幌はここにきて寒波に見舞われたようですね
雪まつりにとってはありがたいような
関係者の皆さんは厳しい寒さで さぞ御苦労が
それでもまた行ってみたいような
すごい雪像の出来栄えでしたね
こちらは梅林が3分咲きくらいかな

野鳥

  • 山小屋
  • URL
  • 2010-02-05 12:39
  • edit
すっかり野鳥に魅了されたようです。
これだけの野鳥に囲まれればうるさくて眠れませんね。
すぐ近くにくるのでしょうか?

無題

  • 美夕のママ
  • URL
  • 2010-02-05 10:36
  • edit
ひーちゃんのおかげで、少し鳥の事に詳しくなりましたが、
それでもまだ分かりません。
ヒヨドリとつぐみ そんなに違うかな?

無題

いろいろ、よくとれましたね。
やはり精出して朝早く出かけないと。

ツグミ、白い眉で覚えています、
群生していますね。

シロハラとジョウビタキ、うまくカムフラージュ
していますね。

ヒヨドリ、これは枝に刺したミカンを食べに
毎日やってきます。メジロと競争です。

無題

  • pomodoro0208
  • 2010-02-04 22:13
  • edit
疲れてるのに早朝にお出かけ・・・これが
出来ないと鳥さんにはなかなか出会えないのね。
今日miyakeoriibuさんにちょっとヒントを頂いて
枯れ木だけどオレンジを置いてみました。
時々覗いてみたものの気配もありませんでした。

無題

  • すず
  • 2010-02-04 21:42
  • edit
やはり朝早くでないと駄目なのよね。
私の日常、家の中を終えて外に出るので9時か10時だものね。
今年は家には小鳥たち全く来てくれません。
出かけていかなきゃダメかな。

いっぱいいるね!

ひーちゃんの周りには、どうしてこんなに集まるのかしら。
時々、小鳥さんを撮りたい・・・等と欲を出しますが。
飛んでこないし、上手く撮れない。
きっと、技術がいるのだと思っています!素晴しい!

無題

私も今日写した鳥がツグミかヒヨドリか分からないのですよ。
教えていただきたいと思います。
シロハラは初めてです。
ちょっと見たところジョウビタキに似ているようですね。
ひーちゃんのお蔭でいくらか名前が覚えられました。

無題

  • あずき
  • URL
  • 2010-02-04 20:27
  • edit
植物園のバードウォッチング
色々な楽しみ方がありますね

無題

  • 小夏
  • 2010-02-04 20:22
  • edit
今日貯水池のとこ歩いていたら、メジロの団体さんが いて、ひーちゃんに ここにおいでって お誘いしたくなりましたよお。

野鳥も詳しいの

  • アンまろ
  • URL
  • 2010-02-04 18:26
  • edit
こっちにはヒヨドリがいっぱいいます。
大きくて、黒っぽいのであまりきれいじゃないけど、とっても美しい声で鳴くんですよね。
以前の家には、えさ台が置いてあったので、いろいろな野鳥が来ました。
私の家は山に近いです。
公園には、いろいろな野鳥がいますよ。

つぐみは知っていますが、シロハラは初めてです。

無題

  • うさこちゃん
  • URL
  • 2010-02-04 12:15
  • edit
こんにちわ 鳥のことはよくわかりませんけど、我が家の近くにもいろいろな鳴き声のする鳥が飛んではいますが、さっぱりわかりません。ひーちゃんに見せてもらってありがたいです。

無題

上ツグミ?ヒヨドリ?これ我が家の庭に良く来ます
ヒヨドリと思ってました、その中に頭の羽が1本立ってるのがありました、2人でセットの乱れてる鳥と云ってました
それが2~3年続けて来てましたが今は来ません
渡りですか?
鳥撮るの難しい、良く撮れますね、いつも感心してます

無題

札幌の風景とは全然違うね。(笑)
当たり前だけどね。
こういう風景見れるのはこちらでは5月過ぎないと無理ですね。暫くはひーちゃんのブログで春の雰囲気味わいます。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[06/02 piko4438]
[06/02 piko4438]
[05/22 小夏]
[05/20 ひーちゃん]
[05/18 sumomo]

最新TB

プロフィール

HN:
hisae
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

× CLOSE

Copyright © hi-log3 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]